不妊症の治療方法

不妊症を改善するためには、いくつかの治療法があります。その一つに、排卵誘発法があります。女性の中には、排卵が上手くいかない方もいるため、排卵誘発剤を使うことによって、卵巣が刺激されるため、排卵させることができます。一つではなく、いくつかの卵子を成熟させることができるため、妊娠する確率も高まると言えるでしょう。

排卵誘発剤を使うと、8割から9割ほどの確率で排卵しますが、受精及び着床する確率は5割から7割程だと言われています。確率にすると低いと思うかもしれませんが、排卵が上手くいかなければ、当然妊娠もしないため、不妊症の治療には効果があると言えるのではないでしょうか。排卵が遅れる、時々無い時があるといった場合には、確率も更に高まると言われているため、排卵に少し問題がある方は、排卵誘発法を利用することがあります。

不妊か否かを検査しても、原因不明なこともあります。また、男性が原因での不妊の場合には、人工授精という方法を用いることもあります。精子を子宮の奥に入れるという方法であり、排卵日に行われることになります。女性に問題がなければ、普通に妊娠するのを待つだけということになりますので、それ以降の流れは自然妊娠と同じです。

人工授精の場合は、保険が適用されませんので、何度も人工授精することはできますが、その分費用が掛かることになります。どういった治療法も、必ず妊娠するわけではありませんが、不妊症の治療法は多々ありますので、妊娠する可能性はあると言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加