中絶と不妊

なんらかの理由により、中絶した経験を持つ女性もいらっしゃるでしょう。中絶をした経験があることによって、いざ妊娠したいと思った時に妊娠できない、つまり不妊になってしまったのではないかと思っている方もいるようですね。実際に、中絶と不妊には何かしらの関係性があるのでしょうか。

結果から言うと、正しい方法で中絶した場合は、それが原因で不妊になるということは無いようです。しかし、万が一その処置が正しく行われなかった場合には、不妊になっている可能性もあります。

たとえば、胎児を取り出す際に、子宮壁を傷つけてしまった、残留物が子宮の中に残っていたといった場合には、それが原因で不妊になる可能性は否定できません。また、一度ではなく、何度も中絶を行っていると、そのうちに子宮壁が傷ついてしまう可能性もあります。また、子宮内膜が薄くなることも不妊の原因に繋がりますので、中絶経験が多い方は、もしかするとそういったことが原因で不妊症になっている可能性が全くない訳ではありません。

しかし、直接的に中絶が不妊に繋がるということではなく、あくまで可能性として全く無い訳ではないということです。中絶をしていない方に比べると、不妊症になる原因が考えられるということになりますが、母体保護法で指定された医師が適切な手術を行ったのであれば問題は無いでしょう。もし少しでも不安なことがあれば、中絶をする前に相談したり、手術後に違和感などをおぼえるようであれば、相談することをおすすめします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加