不妊と流産

流産と不妊には、何か関係があるのでしょうか。流産は何度か繰り返す方も多く、子供が欲しいにも関わらず、妊娠しても流産してしまうという辛い体験を何度もしている方もいらっしゃいます。2回流産を繰り返すと反復流産と言われ、それ以上繰り返すと習慣流産という言い方をしますが、こういった言い方があるということは、それだけ流産を繰り返す方が多いという証とも言えるでしょう。

一度流産した方が、次に妊娠した時流産するのは15%ほどの確率だと言われていますが、2回流産を経験すると、20%から30%ほどの確率で流産、3回以上の場合は50%の確率になるとも言われますので、3回以上になると、心身共に辛い状況が続くことでしょう。

流産の原因は様々ですが、多くは染色体の異常だと言われています。非常に稀ではありますが、親の染色体異常だという事もあり、その場合は、それが子供にも遺伝するため、流産しやすくなります。また、子宮になんらかの障害がある場合、たとえば子宮筋腫や子宮の奇形といったことも流産の原因となり得ますので、こういった病気ではないかどうか調べることも流産の予防に繋がるでしょう。

その他にも、糖尿病や甲状腺ホルモンの異常など、内分泌的な異常が見られる場合も流産に繋がると言われていますが、クラミジアに感染していることも、流産する確率が高くなります。クラミジアの感染は、不妊症の原因とも言われていますので、そういったことから不妊症の方は流産しやすいという話が出てきたのではないかと思います。

つまり、不妊症だと流産しやすいというわけではなく、流産する原因と不妊症の原因で重複するところがあるということではないでしょうか。不妊症も流産も非常に辛いことではありますが、それを乗り越えて、妊娠、出産することが出来れば、それ以上に嬉しいことはないでしょうね。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加