不妊治療で使われるクロミッド

通常、不妊治療はまずタイミング法を行います。タイミング法で妊娠することができなかったり、排卵障害があったり、黄体機能不全であったりする場合には、クロミッドと呼ばれる経口の排卵誘発剤を使用します

クロミッドは1錠50ミリグラムになっており、月経が始まった3日~5日目から50~100ミリグラムを服用します。クロミッドを服用することによって、LHやFSHというホルモンの分泌が促されます。

クロミッドは不妊治療に使われる排卵誘発剤の中でもその歴史は長く、この薬を飲むことによって妊娠することができた人は数知れない程、多くなっています。しかし、薬ですので、もちろん副作用もあります。主な副作用としては、子宮内膜が薄くなることやお腹の張り、発疹やうつ状態になってしまう場合もあります。したがって、医師の指導をきちんと守るようにして、もし副作用が強いようであれば、服用は一時ストップした方が良いかもしれません。

また、クロミッドを服用することによって、双子になる確率が高まります。通常の自然妊娠であれば、双子になる確率は、通常1.25パーセントであるのに対し、クロミッドを使うと5パーセント前後にまで上昇します。このように、クロミッドを服用し、不妊治療をする人も数多くなっていますが、クロミッドだけでなく漢方も同時に使うことによって、妊娠する可能性を高めている人も多くいます。不妊治療には様々なものがあるので、自分に合った方法を試してみると良いでしょう。

「クロミッドによる不妊治療」関連記事