二人目の不妊治療

一人目が産まれ、そろそろ二人目も欲しいと思っても、一人目のようにすんなりと妊娠できないといった人がいます。一人目が男の子だったから、次は女の子が欲しいとか、一人目が女の子だったから、二人目は後を継がせるためにも男の子が欲しいという人も多いでしょう。二人目も一人目同様すぐにできるだろうと思っていても、できないというケースは実は多いです。

まず、一人目よりも女性、男性共に年齢が上がったということが原因として挙げられます。女性の場合、年齢が上がれば上がる程、自然妊娠が難しくなります。このように加齢が原因であれば、女性側に問題があると言えるでしょう。

また、一人目が産まれたことによって、性交渉の機会が減ったということも原因としてよくあることです。性交渉が減ればそれだけ妊娠する確率は下がります。夫と妻から父と母になるので、立場が変わるということも性交渉が減る原因となるでしょう。

このように、一人目は不妊治療はしなかったけれど、二人目を希望しており、不妊治療を行いに病院に行くという人も最近では増えています。ただ、不妊治療をする前に行う検査で、何の異常もなく、不妊になっている原因が分からないといったケースもあります。体に異常がない場合には、先述したように、性交渉の機会が減っているのが原因となっている可能性もあるので、タイミング法などの不妊治療も導入しておきながら、治療を行うと効果的です。

「二人目が妊娠しない不妊」関連記事